[初心者] [ダイエット編] はじめてのソイプロテインの飲み方とタイミング

初心者 プロテイン ダイエットダイエット

※筆者は、高校生の時にダイエットして10kg落として、

そこから5年以上ずっと今まで一切体重の増減がない経験者です。

なぜ、ソイプロテインがおすすめなのか

その名の通り、ソイプロテインは、

大豆から作られています。

大豆の栄養価、イソフラボン効果で食物繊維がとても豊富!

主に食物繊維とタンパク質(エネルギーの源)の

体内への吸収速度がゆっくりでダイエットに効果的と

女性に人気となっています。

※男性が摂取しても問題有りません

※大豆アレルギーの方は、飲むのを「ソイプロテイン」を推奨しません

こんな方におすすめ。

  1. 食生活の改善でダイエットを目指したい方
  2. プロテインを進められたけど、何からはじめて良いかわからない方
  3. プロテイン効果でダイエットを目指す方
  4. プロテイン効果で美肌を目指す方

はじめてのプロテインの基礎知識

「プロテイン」=「たんぱく質」を英訳したものです。

たんぱく質が不足すると体の様々な部分が機能不全になります。

たんぱく質不足は、病気にかかりやすくもなります。

(厚生労働省・調査)のたんぱく質の摂取量の目安

例) 運動ほぼしない女45kgの場合

たんぱく質は、体重1㎏あたり0.8 – 0.9g必要

※毎日、運動をする人 1.1g – 1.2g

38-42g必要です。

意識して摂取しようとすると

———————

・ステーキ約420g

・たまご10個以上

・牛乳1.8L以上

あまり、現実的とは言えません。

そこでプロテインで1日必要な栄養素を補給しましょう。

ここまでが、基礎知識。

ダイエットの改善が見込めないプロテインの飲み方

当たり前ですが、念の為

・十分に1日の平均摂取カロリーを上回る食事 + ソイプロテインの摂取

・1日ソイプロテインだけとかにしてしまう(極端型)

・そもそも、生活習慣が乱れてしまう。

   └例)シフト制で夜のときもあれば、昼の時もあったりする

 極端な例ですが、だいたい同じ時間に起きて

 だいたい同じ時間に無理せず食事する

  (間食は極力避けましょう)

 そもそも論ですが、ダイエット中に間食は極力避けましょう!

  └どうしても感触しないと間が持たないとかの人は、

 ソイプロテインの量を減らして、プロテインバー(スナック菓子)を適度に食べましょう。

 ※ダイエットの意識が消えたら、間食は無意識に避けるようになります。

プロテインのダイエットに効果的の飲み方 【初心者向け】

毎日、自分で料理作って自分で食べてる人、

自分の食べたものを記録してる人は◎は良いのですが、

普通に生活していると、コンビニ、外食、学食で済ます事が

学生さんなら母親の手料理なども考えられます。

これが、一般的だと思います。

多少面倒ではあるのですが

一日に何食べたか記録しておいて

おおよその自分の中の情報の目分量で

たんぱく質が足りないから寝る前にソイプロテイン

1日に足りない分を計算して、

必要な分を飲むが良いでしょう。

まず、ソイプロテインでダイエットをお考えなら

初心者におすすめの”ソイプロテイン”の飲み方です。

朝、昼、夜の1食をソイプロテインに置き換える方法も◎です。

たんぱく質含有量を見て飲みましょう

たんぱく質の量を計るのは難しいので、

【初心者】おすすめのソイプロテイン選び

たんぱく質含有量を見てくださいね。

初心者におすすめは、この2点

 はじめてのソイプロテイン ダイエットまとめ

本当にリバウンドしない私が言えるのは、

ほぼ間食しなくなるので、ダイエットを意識するのであれば

間食は少量に徐々に減らすしましょう。

ソイプロテインを選択するのも大変賛成なんですが、

生活のサイクルが乱れやすい人は、なるべく

自分の調子の良い生活習慣の空間を自分なりに作り、

あくまでソイプロテインは、満腹感が良くたんぱく質の栄養補助食なので

一食置き換え等、状況に応じて1食分の食事の変わりにして

毎日、食と体のメンテナンスをしてダイエットして

美容、健康の効果を実感すると自分の努力が愛おしく

自分が好きになってくるので、無意識化になるまで毎日実践しましょう。

自分に自身がつくとメンタルも強くヘルス(健康にも)良いので◎

一石二鳥です♪

大食い選手権に出ている細身の方は、

全然別なので参考にしないでください。

スーパーフードもおすすめなので、栄養価が高く美容にも良いので

興味があれば見てみてください

【3分で読める】コールドプレスジュースの健康と美容のすゝめ
美容と健康に良いのでコールドプレスジュースの紹介と ジュースクレンジング、ジュースのみの長期断食の危険性を 訴えます。 コールドプレスジュースこれから、まだ流行るかとおもわれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました