足が冷え過ぎて寝れない人へのお悩み解決

足元 冷え 改善 - アイキャッチ予防

 アイテムが無くても寝れる足の冷え性対策

・足湯を5分ほどして、

そのままお風呂に39-41℃程を保ち

10-15分、首の根元までしっかり浸かる。

※長すぎるとのぼせてしまいますので注意しましょう。

※入浴剤とかは、体温を上げる効果は無いです。

・足の冷えの下半身を意識したストレッチをする

おすすめ

↓↓↓↓

【足先の冷え】足の末端冷え性の血行とリンパの流れを改善する「新リンパマッサージ」【大分市 腰痛治療家 GENRYU ( 安部元隆 )】

・靴下を履く。

 ※靴下の締め付け状態の睡眠は良くないので

 レッグウォーマーなど足を締め付けない

  ゆるやかな保温用靴下を履く

※電気毛布も使って良いのですが、

脱水症状等になってしまうので

入眠時のみで使用するように

タイマーで切るしておきまましょう。

これでスッキリ足の冷えから眠れない

根本的な原因は、生活の改善なので

次は、足の冷えの予防から睡眠の質の向上を目指しましょう。

足の冷え性を予防する

冷え性になりやすい人から

ピックアップしていきます。

足の冷え性になりやすい人はこんな人

●生活が不規則

●ストレスを感じやすい

●運動不足

冷たい物ばかり飲んでいる。

●暖房が足元に届かない

●食事の栄養の偏り

タバコを吸う人

●肩こりや腰痛がひどい方

冷え性を改善する食事の改善と意識

だめな冷え性になる食事例

体を冷やす冷えたドリンクを頻繁に飲む、

アイスクリームの過剰摂取や

栄養価が低いマクドナルドを毎日などの食事は控えましょう

体を温める意識をした食事、栄養の例

下記の食事をする意識をして

体の冷えに良い血行を促進をする。

・ビタミンB1:

代謝を促進し、からだを動かすエネルギーを生産する

豚肉、大豆、卵…etc

・ビタミンC:

鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を維持

かんきつ系の果物、緑黄色野菜…etc

・ビタミンE:

血管を広げて血行をよくし、女性ホルモンの分泌を調整

ウナギ、アーモンド、落花生、卵黄…etc

・パントテン酸:

代謝を促進し、自律神経を活性化させる

レバー、大豆…etc

・良質なタンパク:

エネルギーとなり、神経機能を保持する

大豆製品、魚など…etc

・ 極力温かい飲み物、常温の飲み物を飲む

ビタミンを適切に補給し、体の内側から温めましょう。

自分に合った適度な運動

 ウォーキングなら1日30分を目安に歩く。

筋トレもおすすめです。1日10−15分の自分に合った

軽運動で足元、体の冷えを改善して冷え性になりにくい

体質改善をしていきましょう。

外出が多く、薄着やヒールが多い方

 歩いたりしているときは良いが

道端、テラスで話しをしたり

急激に寒くなり体温がさがるのを避けましょう。

貼るホッカイロなど目立ちにくいスマートな

カイロを準備して寒くなりそうなときは

体を温められる準備をしておきましょう。

※出かける前の天気予報チェックも忘れずに!

オフィスで仕事を長時間する方

 足元が冷えすぎないようにデスクヒーター等を

使用しましょう。◎おすすめ

※レッグウォーマーは、離席する時に脱ぐのが面倒です^^;

喫煙者の方は…

 タバコは…控えましょう!!

まとめ

 睡眠や体の冷えは、放置しておくと、

※頭痛、肩こり、腰痛、生理不順、肌荒れ…etc

からだの不調を引き起こす原因になります。

日ごろから予防を心がけておくことは、健康維持につながります。

足元の冷えの改善から冷えから寝れる体作りをしましょう。

上記の対策を2週間続けても改善出来なければ、病気の可能性があるので

総合病院にいって根本的な問題の解決をしましょう

足元の冷えの改善から冷えから眠れる体作りをしましょう。

上記の対策を2週間続けても改善出来なければ、

病気の可能性があるので

総合病院にいって根本的な問題の解決をしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました